お金はゴミのためじゃなく、笑顔のために使えば?

先日、オタキングこと岡田斗司夫さんが同志社大学で行った

「私たちは生涯、働かないかもしれない」

という講演を聴きました。

これがとても面白かったので、是非皆さんにも見てほしいと思いました。
MP3でも公開してあるので移動中など暇なときにIPhoneとかで聴くのもいいかと思います。

内容は主にインターネットがもたらした働き方、考え方の変化と、
現代に生きて行くことを柔軟に捉えようとする試みについてです。

ストレートに言うと、
・就職(就職活動含む)の終焉
・お金でゴミを買うな
・頼れる優しい人間に敵うものなし
てな感じで僕は受け取りました。

講演は長いので、岡田さんのブログのまとめた文章を読むだけでも面白いと思います。

まぁ、僕自身も就職第一主義なぞクソくらえと思っていた節があり、共感できた部分が多かったです。
いや、したい人はすればいいし、様々な企業に人材が投入され競争されて行くことで経済は成り立っている部分は、もちろんありますが、そうじゃない生き方も死ぬほどあるぞ、ということなんです。
僕自身フリーランスに片足突っ込んでるので(昔は全身突っ込んでた)、そしてそういう生き方が楽しいので文句はないです。
フリーランスは不安定と言われるけど、じゃリーマンショックとはなんだったのか?大企業でもいつでもつぶれる時代です。
ただ、企業の良いところは、基本的に自分で仕事を引っ張ってこなくてよく、基本的には「作業」をしてれば良い訳です。
仕事とは他者とのつながりで生まれるものです。その他者を既に用意してくれている、それが企業、大企業はそのつながりが甚大であるということではないでしょうか。
フリーランスはそれを見つける作業も自分でやる、ただそれだけのことです。
でもそこが面倒で無理だと思えば会社で働けば良いと思います。無理するよりその方が多分幸せだとも思います。

まあ何するにしてもあらゆる可能性と、野心を持ってみんなが生きている方が僕は好きなので。

そういえば農業なんてそもそもフリーランスです。
しかしJAによくも悪くも囲われ、形の悪い品は良くないとマインドコントロールされた人民によって、多大なロスを出させられているのが不憫です。
実家でとれた(実家ではちょっとした畑を借りて親が野菜などを作っています)野菜は形こそ色々だけど、まずいと思ったことはないです。
それに大量に穫れすぎた時はご近所さんに配り、結果お返しをいただくこともあり(期待してる訳じゃないよ)そういうのにあこがれもあります。

市場に出せない野菜を速攻でネットマーケットでさばく、アマゾンの生鮮野菜バージョンみたいなのあったらええなぁ。。野菜にもよるけどできなくなさそう。

なんか凄く話が飛んでますが、あとは金でゴミ買うな、です。
その名の通り、安いから欲しいからといって結果ゴミを我々は買っていないか?ということです。
精神衛生上買い物は有効ですが、たとえば買いすぎてあふれかえった洋服になんだかな〜みたいな感情を抱いたら最後、それはお金にたいしてなんだかな〜と思っているようなものではないか、ということです。
でも金をただアホみたいに貯めるのもアホなのかもしれません。
他人に使って、その人が喜んでくれる、そういう瞬間を買った(言い方悪いね笑)方が本当の意味で精神衛生上良いのかもしれません。
でもそのときなにも顧みてはいけないとは思います。
奢ったから仕事が取れる、セックスできる、偉そうにできる…あくまで利害を買うんじゃなく、気持ちだけをやり取りしたいものです。

なんか話が逸れ倒してしまいましたが、そんなこと思う講演でした。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。