男(27)が半年、少女漫画誌「FEEL YOUNG」を読み続けた衝撃と感慨。

半年前に友人のススメで読み始めた、祥伝社の月刊ヤング少女漫画誌「FEEL YOUNG」(以下FY)。ついに面白くて半年買い続けてしまった。当の薦めた友人はロスに行ってしまい読んでいないというギャップにもめげず!

内容で言うと、FYのキャッチフレーズにもある「恋も仕事も!」という触れ込み通り、色んなしがらみと人間関係で、ただまっすぐには行かなくなったアラサー女性の愛憎系の漫画がメインを占めつつも、サイドにはファンタジーやエロスな読み切りを交えつつ、エッセイ漫画で息を抜くという流れなのかな。
マーガレットでティーンに人気だった咲坂伊緒さんの「ストロボ・エッジ」みたいなベタでドキドキみたいなの・・・ない!ないよ!!純情は制服とともに脱ぎ捨ててこい!!!

メインのストレートな?女性漫画はやっぱり、おかざき真里さんの「&」、ねむようこさんの「トラップホール」、鳥野しのさんの「オハナホロホロ」、いくえみ綾さんの「そろえてちょうだい?」とかが人気あるっぽい。村上かつらさんの「Hatch」や町麻衣さん、元町夏央さんのとかもそっちなのかな。

サイドに、といっても有名なヤマシタトモコさんの「ひばりの朝」とか、安堂維子里さんや、いがわうみこさん、柏木ハルコさん、武嶌波さんの読み切りがあって、ファンタジック系やドス黒い系というかとりあえず変化球で面白いのが多い。いわゆる少女漫画ってボーダーじゃない!

個人的にはトラップホールが妄想もほどほどで、画も爽やかで読みやすかった。初めてヤング少女マンガ読む男が「&」とか読むと、女性の子宮に放り込まれたようなイマジンワールドに脳天直撃セガサターンだと思う。でも慣れるとめっちゃ引き込まれる!ただ拒否感でたら終了。あとジョージ朝倉さんの「夫婦サファリ」がヤバい!半年に一回っていう連載ペースもヤバいけど(FYは連載不定期オッケーなのだ)、なんか愛の価値観とかセオリーとかをすっ飛ばした先にある、で、結局愛って何っていう…とりあえず今後が謎すぎて楽しみ。

他に男性主人公の山崎堂々さんの「BET.」や河内遙さんの「夏雪ランデブー」(もう番外編だけど)もいい。
映画でもそうだけど、漫画にもある種の熱量みたいなものがある。それがいいか悪いかは別なんだけど。作品によって随分違うし回によっても。基本おかざきさんの漫画って画もストーリーも熱量全開でそれ自体が作品の個性になってる。
ジャンプの漫画って戦いとか友情が根底にあって、基本熱量大爆発だけど、女のそれは現実に闘う姿そのものではなくて(というか日常生活ベースだから、描きようもないってこともあるけど)、何度も脳内でエフェクトがかかって表現された過去と現実の、直感的手触りをどこまで画的に描き出すかって部分があるんじゃないかって思う。

説明ではわかりにくいけど、おかざき真里さんの漫画読んだら即効わかるはず!!

その点、いがわうみこさんの漫画とか一切の心的情景を排除しつつも、なんか迫ってくる。純文学読んでる気分になる。。画が変にうまくないのもいい。

 

で、周りにFY好きを広めるために勝手におすすめリストを考えた!(よく連載している作品から)

・少女漫画初心者の男性へ…
まずは入りの  ①「BET」
ライトな感じに  ②「トラップホール」
淡いのもあるよ  ③「Hatch」
コレがストレートな真髄?  ④「&」
ちょっとトラウマ体験  ⑤「ひばりの朝」

・個人的に好きなの
①「夫婦サファリ」
②「どれがいい」のシリーズ(いがわうみこ)
③「ひばりの朝」
④「トラップホール」
⑤安堂維子里さんの作品

2012年の締めに自分になかった属性を注入するんだ!!

 

このブログの方向性とかが迷宮入り笑

 

 



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。