「エリジウム」は風呂敷広げた割に突き抜けない映画だった!!

あの「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督・脚本の最新SF作品「エリジウム」観てきました。(ネタバレあり)

エリジウム

ストーリーは、2154年、大気汚染や人口爆発によって地球上の生活環境は悪化、少数の富裕層は衛星軌道上の宇宙コロニー「エリジウム」へ移住。高度な科学技術により老いや病から解放され、水と緑にあふれた理想郷で暮らしている。
一方、荒廃しスラム化した地上では、大勢の人々が過酷な労働とエリジウムより遥かに遅れた医療に喘いでいる。市民はエリジウムの生活に憧れ、密航を企てる者もいるが、デラコート防衛長官(ジョディ・フォスター)は侵入者の排除に努めている。
そんな中、ロサンゼルスに暮らす工場労働者のマックス(マット・デイモン)は作業中の事故により余命5日と診断される。マックスはエリジウムの先端医療に希望を求め、闇商人スパイダーとの取引に応じてコロニーへ向かおうとする…(wikipediaより抜粋編集)
みたいなお話です。

SF映画で大切なものってなんでしょうか?
派手さ?デザイン?アクション?
いや、それらももちろんですが、僕的にはそのSF世界でのテクノロジーの合理性や整合性だと思うんです。
世界全体のテクノロジーのバランス感みたいなことです。

エリジウムがやってしまったのは、未来のくせにほぼ現代的世界と、超未来的世界を同じ人間に扱わせてしまったことではないかなと思いました。二つの世界のテクノロジーのバランスがまず悪い。そして医療技術やコロニー技術、武器の精度の割に、全然発達してないレーダーとか、アクションが結局泥臭いしながいとか。
監督は現在の世界の比喩的にそれを行ったのかもしれません。高度な医療が比較的だれでも受けられる先進国と、10円のワクチンで治る病気にすら苦しむ途上国、搾取するされるの関係、それらを意味してるのかもしれませんが、まぁそれ以上のメッセージが感じられなかったです。それをどう解決すればいいか、という問題はラストで非常に安易な形で提示されています。僕的にアレは将来がゾッとするバッドエンドにしか…

ほかにも本作がつまらない原因はアクションが多すぎてバタバタし過ぎてしんどい、科学技術の整合性がなさすぎるからそこに目がいって集中できないし、ではストーリーはといえばアクションばっかりでしんどい、ストーリー単純で惹かれない。これの悪循環でした。
地球上が荒廃してるわりに描かれるのロスだけ、密航で宇宙行くのイージーすぎ、エリジウム側の対処が稚拙すぎ、カードキーでドア開くとかSFじゃない、マット・デイモン死にかけても生き過ぎ、敵役のシャールト・コプリーの目的ナゾ、ヒロイン役のフレイの過去明かされない、などなどもうなんか設定甘くて説明ないしで終始入り込めない。

どうもおっきな風呂敷広げた割に突き抜けない映画でしたね。見方を変えてカネがかかったB級映画だと思うと、ある意味それなりに笑えるし突っ込みどころあるのでいいのかもしれません!



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。