新作アニメーション「ももへの手紙」にゆるく切り込みます。

沖浦啓之監督の最新作「ももへの手紙」を観てきました。(ネタバレあります!!)

沖浦監督と言えばあの『人狼 JIN-ROH』です!監督は押井守さんだと思っていた方、押井さんは原作・脚本です!ちなみに演出がテレビ版攻殻機動隊シリーズの神山健治さんだった!スタッフもすごい豪華で、作監は…って今回は人狼の話ではない笑。

 

さてさて、この「ももへの手紙」は今どきの流行のアニメっぽくない、柔らかで素朴な雰囲気で描かれた絵で、舞台の瀬戸内海とも、ストーリーの内容ともマッチしていて、とても気持ちのいい映画でした。実は相当に細部にこだわりを持って制作されており、素人目には一見分かりませんが、神々は細部に宿る、が如く、きっと自分を含め何となく観ているお客さんに与える印象が全然変わってくるのだと思います。

 

ストーリーは、父親を亡くしてお母さんと瀬戸内に引っ越してきたももが、はじめは島での生活に戸惑いながらも妖怪たちに出会い、父の残した手紙の意味を探してゆき・・・というものです。(大雑把ですみません)

でてくる妖怪のキャラクター付けが面白く、笑いあり、そしてももだけではなく、様々な思いを抱えていた母と、ももとの和解、といった涙もある、大人から子どもまで楽しめるであろうエンターテイメントだと思います。

しかしながら、シナリオ的に気になる点もいくつかありました。

まずはじめに、前半の妖怪との出会いにおける、ももの芝居が引っかかります。都会から瀬戸内の田舎に来て、その静寂と夜の闇だけでも怖そうなのに、おまけに妖怪も出てくればもっと大げさに、もっと大胆にももの恐怖心を表現するやり方があったのでは?と思ってしまいました。

そう、闇を怖がらなすぎる、です。

しかも、ももが小学六年生でちょっと背も高いという設定。父の手紙への理解や母との和解を目的としている設定でしょうから仕方ないとは思いますが、コレは田舎での妖怪ものをやるには、ちと不利だったでしょうね。僕は背が高いせいで、初め、小学生と思わなかったです。そして僕はどうしても宮崎駿監督の「となりのトトロ」と比べてしまいました。トトロでのメイのように、まだ社会や人間界や自分の存在と、自然界や他者との境が曖昧な年齢なら、トトロのような妖怪のようなものとの出会いも、それこそ境界がなく表現しやすいはずです。(といか好奇心が勝つ?)しかもトトロは一度目はメイの夢だったかも?と言う展開で、次は年長のサツキが会うという展開。

トトロでは、自分の幼い頃の、幽霊や宇宙人といった存在への、恐怖と幻を追うように、メイとサツキが順に追体験してくれるおかげで、観客も日常におけるファンタジーへと入りやすいストーリー構造ではなかったでしょうか。トトロの昭和30年代の時代設定と、ももの現代という時代設定を考慮すれば尚更、恐怖と猜疑心、しかしそこから出会っていく事で動かされる心の変化をもっと表現するべきだった気がします。

ももが現代の、都会の子どもだからって、それをそのまま子ども達に見せるよりは、妖怪との出会いのみならず、瀬戸内の空気とそこに生きる人々との交流を経て、いかにして心が解放されていくか?と言う事が、強烈にあぶり出されていく過程を観たかった気がします。そういえば「人狼」でも、人間ドラマにおいて、アニメとは思えないリアリティ重視の静かな演出でしたが、沖浦監督は逆にそう言うタイプの演出家なのかも知れません。

思えば、今の劇場アニメをやる監督は真っ向からドラマのあるオリジナル劇場用アニメーションをやるのは大変ですね!あの宮崎駿監督に目を肥やされて、しかもよくも悪くもそのテイストに染まった大多数の観客相手に勝負しないといけない訳ですから…汗。エヴァ(テレビシリーズの人気あって?)や攻殻みたいに全く違うテイストや客層を狙うか、サマーウォーズくらい脚本やマーケティングを練るか?なんでしょうか。ん〜…。

 

 

さて、他に気になったのは終盤です。大きな結末へと向かうための伏線がイマイチ弱く、後半の盛り上がりが少し強引だと感じました。後半盛り上がるんです、盛り上がるんだけど…都合が良すぎると言うか、シンデレラで言うところの、キレイなドレスにカボチャの馬車に12時すぎても魔法が解けない状態と言いますか。面白いだけにもったいないなと感じました。

僕は映画のシナリオを考えるときに毎回テーマやモチーフを迷ってしまいます。絶対的に強烈な何か、を自信を持って貫く勇気がないのかもしれません。

ここからは個人的な意見ですが、宮崎駿監督や高畑勲監督の世代の若い頃って、基本的に世界が冷戦で二極化し、核の恐怖が世界を覆い、かつ日本は戦後の和平の意識と高度経済成長期の過渡期であり、みな同じような方向性を向いていて、正義観やエコロジー観、終末観が近かったと思うんです。そこで培われた意識は確固たる足場を組んでテーマへと昇華するでしょう。そしてそれが崩れた時は、確固たるものがマイナスに触れるのである意味では崩しやすいとも言えるのではないでしょうか。しかし今や世界は核戦争的な危機だけでなく、経済的な危機による崩壊や、ネットワーク革命で、次に何が起るか、予想が非常にたてにくいように思います。そんな中で確固たる絶対的なイメージを持ち続け、それを作品に昇華するのが難しく、且つ人々の興味や意識、娯楽の多様化によって制作サイドに迷いが生じるのが現実だと思います。

そして作り続ける事が、最も感性や技術を磨く、最短のルートであるならば、自信を持って貫ける「何か」を見つけるまで作るしかありません。作って失敗して作っての繰り返ししかありません。自分への叱咤!もそうですが、沖浦監督の次回作にもとても期待しています!

最近短編を完成させて、友人に見せたら見終わったとたんに、次回作も楽しみにしてるね、と言われ、とても嬉しい反面、半年もかけて今完成したばっかなのに〜泣…なんて思っちゃったりするのもありますが笑。

 

Photo by Jack Batchelor



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。